携帯サイトのご案内
携帯サイト

競走馬理化学研究所の公式携帯サイトです。
PC用ホームページ同様、様々な情報が携帯電話から閲覧できます。

飼料等の薬物検査のご案内
競走馬理化学研究所について

競走馬理化学研究所は、競走馬の薬物検査と検査法の開発・改良に関する研究を行う財団法人として、昭和40年8月1日に東京都世田谷区に設立されました。昭和48年4月には軽種馬の親子判定・個体識別のための血液型の検査・研究業務を加え、競馬の公正確保の観点から不可欠な事業を担う我が国唯一の検査・研究機関として活動してきました。

その後、当研究所を取り巻く環境も変わり、施設の老朽化、業務拡大による狭隘化等により、平成12年4月に栃木県宇都宮市へ事業所の全面的な移転を行い、効率的な業務の推進と技術の高度化を図ってきました。

平成14年1月からは親子判定及び個体識別検査の精度をより一層向上させることを目的として、血液型に代えてDNA型による検査に変更しました。また平成15年度からは社会的ニーズに対応すべく一般化学分析事業を新設し、広く民間等から農畜産物等に使用される薬品及び薬剤の分析受託を開始しました。更に、平成16年7月には競走馬の薬物検査部門が試験所の能力に関する国際規格であるISO/IEC 17025の認定を取得し、検査の信頼性のさらなる向上に努めています。

平成23年6月1日に公益財団法人へ移行した当研究所は、競馬における薬物の使用規制、馬の個体識別並びに家畜及び農畜産物等に係る理化学的検査及び研究を行い、もって競馬に対する国民の信頼の増進に資するとともに、学術の振興に寄与すべく各種事業を推進しています。

組織図
研究所小史
昭和40年 東京都世田谷区に財団法人として、競走馬に係る薬物検査(ドーピング検査)と検査法の開発・改良の研究を中心とした機関として設立。
昭和48年 軽種馬の親子判定及び個体識別のための血液型検査・研究業務開始。
平成12年 栃木県宇都宮市に移転。
平成14年 軽種馬の親子判定及び個体識別検査の精度をより向上させるため、血液型検査に代えてDNA型による検査に変更。
平成15年 社会的ニーズに対応すべく一般化学分析事業を新設し、広く民間等から分析受託を開始。
平成16年 薬物検査課が試験所の能力に関する国際規格であるISO/IEC 17025の認定を取得。
平成23年 財団法人から公益財団法人に移行。